P R O F I L E

norinha:ヴォーカリスト、ピアニスト、コンポーザー、アレンジャー

東京都港区南青山生まれ。

 音楽好きの両親の影響を受け幼少から音楽(主に洋楽)に親しみ、3歳からクラシックピアノの練習を始める。なぜか物心ついた時からラテンジャズ、ボサノヴァ音楽にのみ傾倒。中学時代に初めてアリ・バホーゾを聴きブラジル音楽から天啓を受ける。

 イカ天ブーム真っ盛りの女子高生時代当時誰一人として同年代でMPB(Musica Popula Brasileiro=ブラジルポピュラー音楽)を知る者などなかったためバンドなど結成せず、ひたすら練習、作曲に励むを過ごす。大学進学と同時に本格的な音楽活動を開始する。

 東京フォーシーズンズホテル内ラウンジでの演奏活動と並行して自作デモテープを作成。それが一部の日本人ラテンミュージシャンの間で評判となり、高田馬場corcovado・青山praca onze・原宿crocodile等都内ラテン系ライブハウスで数多くのセッションに参加。
約1ヶ月ブラジル本国へのピアノ武者修業も決行した。バンド「熱風音楽市場」のキーボード&ピアノなど、数多くのレコーディング、ツアー、野外イベント等に参加。

 2002年6月、COSMIC VILLAGEのメンバーとしてクラブミュージックシーンで国際的に活躍する吉澤はじめの初のソロアルバム「HAJIME YOSHIZAWA」にポルトガル語の作詞とヴォーカルで参加し、注目を集める。

 2002年11月、デビューアルバム「Livre」を発表。

高い音楽性と今日的なサウンドが評価されると同時に、都内cafeで人気を集め、2003年3月〜4月にcaf live tour「Cafe do amor☆2003」を実施する。

 2003年6月25日、第2弾ミニアルバム「aquarela」を発売後、7月から8月にかけて都内のcafeで、cafeライブを行う。
8月2日には、Shonan midsummer night jazz 2003に出演。初めての野外ライブを大成功に収めた。

9月1日には、渋谷PLUGでライブを行う。