P R O F I L E
つづらのあつし [Saxophone〜Multi Reeds Player]
P R O F I L E

1961年1月28日兵庫県生まれ。
赤松二郎に師事し、大阪音大サキソフォン科在学中より臼井克治ニューソニック オーケストラのテナー奏者として活動を開始。
卒業後、北野タダオとアロージャズオーケストラにソロテナー奏者として入団、 数々のライブステージを経験する。

1985年に退団後、東原力哉(元ナニワエキスプレス)カルテットを経て、ソウル エキスプレス結成。
また、これらの活動と並行して、辛島文雄、板橋文雄、向井滋春、植松孝夫、本 多俊之、古野光昭、是方博邦、佐山雅弘など多くのミュージシャンとセッション を重ねる。

1988年に活動拠点を東京へ移動。現在、数え切れないTV番組・CM・映画・ CD等のレコーディングに参加。
多くのアーティストサポートやNHK等の音楽番組などでも活躍。
郷ひろみ(1988〜95年)、内田有紀『ファーストコンサートツアー'95』、阿川 泰子・フラミンゴビッグバンド、 西城秀樹『Life Work Tour '96』、GONTITI、THE YELLOWMONKEY等のアーティス トのサポートメンバーとしても活躍。

1997年10月よりテレビ朝日系列バラエティー番組「ま、いっか!」(w/研ナオ コ)のハウスバンドのリーダーとして出演。
1998年4月から2002年3月までNHK総合テレビで放送された音楽番組『青春のポッ プス』でバリトンサックス奏者として、レギュラー出演。

2000年11月、コンピュレーションアルバムCOMIC MIC's MUSIC VOL.1 「危険な 恋」(PRIJ-2001)に参加。

2002年12月18日、自身による初リーダーアルバム「TSUZULUES」(ツヅルース) (MTCJ-3006)をリリース。

2003年自己のホールコンサートを開催。クラシックからジャズ、ファンクまで幅 広い演奏を披露。
2004年好評を博したライブ盤『The Urban Contemporary Night』をリリース。

2004年「TOKYO JAZZ 2004」ではウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック 等とも共演。

2005年、女性ヴォーカリストChiaの1stアルバム「Pure Moon」をプロデュース。

2007年、Chiaの2ndアルバム「星からの贈り物」をプロデュース。
この年「第18回めいほう高原音楽祭」では、音楽監督に抜擢され、小曽根 真・ 平原綾香などとも共演。

2008年、3枚目のリーダーアルバム「SHADOW」(OSBR-25002)をリリース。

2012年、Chiaの3rdアルバム「Shining」〜太陽に恋した月〜 をプロデュース。

特徴的な美しい音色と繊細かつ大胆な演奏、ジャンルにとらわれない多彩な ステージング。バリトン、テナー、ソプラノ、アルトの各サックスはもちろん、 クラリネット、フルート、キーボードまでカバーするマルチリード奏者 としてあらゆるジャンルのアーティスト達から絶大な信頼を得ている。